リタイア後の55歳からあこがれの「海外ひとり暮らし」を強い意志と実行力で実現した永田朝子のホームページ
 
 
HOME >> ESSAY INDEX >> Fitzroy
 

<< 前へ 一覧 次へ >>
 


フィッツロイ アイランド リゾート

シドニー発ケアンズ経由
世界遺産の「フィッツロイ・アイランド」
Fitzroy Island

(2013年10月19日〜10月23日)

※掲載写真は全て、クリックすると拡大されます。


 
<<<< 前ページ 1_    次ページ >>>>

数年前にシドニーの日本人向け新聞に紹介されたフィッツロイ島!是非行ってみたい!と思っていたところ、ボンダイで暮らす長女が日本に一時帰国することになり、久し振りに送りがてらケアンズ近くに浮かぶ念願の「フィッツロイ・アイランド」に飛んでみました!


ケアンズ発フィッツロイ島(Fitzroy island )へ!


ケアンズからわずか45分のフェリー


世界遺産の「フィッツロイ島」へはケアンズからわずかフェリーで45分!
珊瑚礁と熱帯雨林を同時に体験できるこの島は、シュノーケリング&ダイビングで水中世界を堪能出来るマリンスポーツだけでなく、ブッシュウォーキングやバードウォッチングも楽しめます。
そうそう!イカ釣りもできます!というわけで海と山が同時に愉しめるアイランドです


フィッツロイ・アイランド・リゾート!(^O^)/


リゾートホテルの正面玄関


今回の旅もいつものようにHIS・Iさんにすべてお任せして、4泊5日(ケアンズ1泊含む)のプチ・バカンスを楽しみました!

以下 フィッツロイ島のご案内と写真掲載まで!(^O^)/

宿泊施設について

私達が泊まった「フィッツロイ アイランド リゾート」はフィッツロイ島にあるグレートバリアリーフ海岸に位置するホテルで、2010年にリニューアルオープンをしました!
すべての部屋は家具付きで窓からはすばらしい海の景色を見ることができます!


広々としたリビング・ルーム


ベッド・ルーム


Ocean Suiteの部屋からの眺め


島ではダイビング、スイミング、釣りなど多くのウォーターアクティビティーを楽しむことができます。
このホテルでは近くの観光名所をガイド付で見てまわれるツアーを申し込むことが出来ます。


いざ!シュノーケリング!


マリン・スポーツで遊ぶ!


グラスボトム・ボートに乘る込む


グラスボトム・ボートで[サンゴと魚]をウオッチ!


ヌーディー・ビーチ

ホテルから、わずか徒歩30分程で美しい手付かずの自然が残された「ヌーディー・ビーチ」に着きます。
ここへは大きな岩がゴロゴロした熱帯雨林の中を歩いておきますが、木の陰から漏れてくる陽射しが心地よい!

散歩にちょうど良い距離でした。


ヌーディー・ビーチへ!


自然がいっぱいの小道を歩いてヌーディ・ビーチへ!


真っ青な空!
透明感のある紺碧の海!
美しいサンゴのかけらで出来た白砂!
癒されます〜〜〜〜誰もいない〜〜〜〜海。
"私だけのヌーディー・ビーチ"を満喫できました!


ヌーディ・ビーチが見えてきた!


美しいヌーディ・ビーチ



私だけのヌーディビーチ!(^O^)/


まるで絵画のような景色!


朝食&ディナーはホテル内、唯一のレストラン「Zephyr」

リゾート雰囲気のある環境で、朝は心地よい微風での食事を堪能!夜も美味しく頂きました!

ランチはホテルから少し離れた 「Foxys Tavern」のカジュアル・オープン・レストランで頂きます!


トロピカルな花


鳥!と花



美しい海を見ながらの「朝食」!


ビーチの前でのランチ・タイム


豪ジャスな?! ディナー・タイム!


熱帯雨林トレッテング

  1. @ 「サミットトラック」 リゾートから4.4キロ(往復) 標高269m 徒歩約180分(往復)
  2. A 「ライトハウス・ウォーク」 リゾートから3.6キロ(往復)徒歩約120分(往復)
  3. B 「シークレットガーデントラック」 リゾートから約1キロ(往復) 徒歩約40分(往復)


「National Park」入口


初級コースを散策!


その他、娯楽設備も揃っています。


Dive Centre (スポーツ店)


game room




美しい海と!山と!プール!

2000年の来豪以来、南太平洋クルージングを初め、フィージー、ハミルトン島、 ヘイマン島、ロード・ハウ・アイランド、ウイルソン島(無人島)、&ヘロン島等、 美しい島を訪ねています。

HPにも旅行記と写真を掲載しておりますので良かったら ご覧くださいね!(^O^)/


帰りのフェリーから写した美しい「リゾート・ホテルの全景」


サヨウナラ〜〜〜〜!



今回の「フィッツロイ島」はオーストラリア人初めヨーロッパからの家族ずれが目立ち、
ケアンズから日帰りでも気軽に訪れることが出来、リゾート気分を十分満喫できますので お薦め致します!(^O^)/ 

2013年 11月2日 永田 朝子

 
<<<< 前ページ 1_    次ページ >>>>

<< 前へ 一覧 次へ >>

 

(C) 2003-2007 Asako in Sydney All Rights Reserved. Studio SPEC Pty.Ltd