リタイア後の55歳からあこがれの「海外ひとり暮らし」を強い意志と実行力で実現した永田朝子のホームページ
 
 
HOME >> ESSAY INDEX >> LORD HOWE 3/4
 
<< 前へ 一覧 次へ >>

世界遺産・南太平洋の宝石♪「LORD HOWE ISLAND」(2005年12月31日〜2006年1月5日)

 
 

★2006年1月1日、6日間ではゆっくりしたいが急がなくてはいけません。先ずは天気の良い日から私たちが選んだ「アクティビティ・スケジュール」♪は、1日PM2:30。 珊瑚礁を観察する「グラスボトム・ボートツアー」に参加。


ジャングルの散歩道

「アールズアンカレッジ」の裏道からマットさんに教えてもらった誰も知らない?ジャングルを通ってラグーン・ビーチに出れる。


案内役のMat Kingさんと一緒











小さな15人乗りのボートの中央がガラス張りになっている。このラグーン世界最南端の珊瑚礁でカラフルなサンゴと魚がいっぱい見え、ガイドが捕ってきたウニの殻を破ってボートの下に付けると、寄ってくるわ、寄ってくるわ、たくさんの魚が集まりました。ハイライトはなんと言ってもすばしっこく泳いでる小さなサメや大きなエイが海底にへばり付いているのを何回か見たこと。皆で「ワ〜!!」と感嘆の声を上げました。

ディナーは再び「カペラロッジ」へ。12月31日、1月1日はスペシャル・メニュー・コースでした。ほろ酔い気分の帰りはレストランで働いている女性が車で我々のロッジまで送ってくれました。シドニーに住んでいるが夏の間だけアルバイトをしているとか。

★1月2日 午前中MR. Matがご推薦で案内してくれたのは「The Clear Place」往復2時間のハイキング・コース。ジャングルを通ってはるか彼方には(南へ23キロの地点)微かに浮かポールズピラミッドが見える。



バンヤン・ツリー

パンダナス

 

 

 

 

 




エライザ山からの眺望


PM2:00からは「ノース・ビーチ」NORTH BEACHへのクルー
ジング。島の最北端にあるノース・ビーチへはラグーンビーチからボートで20分。エライザ山(標高147m)の中腹までのハイキング・コースを歩くと、そこからのエメラルドグリーンのラグーンご礁超えに見るゴヴァー山、リッジバード山の雄姿は景観!

ハイキングの後はノース・ベイにてシュノーケリング♪トロピカルなカラフル・フィッシュ、所謂「Ken Done Fish」がいるいる!
黄色の縞もようのBlue−Banded Angelfish、そしてピンクの縞模様のParrot Fish等。

夕食はMilky Way(B&B)のレストラン「Beach House on the Moon」。
生牡蠣、カラマリ&フィッシュアンドチップスとオージー・メニューでした。

★1月3日 今日もマットさんの案内で彼の友人でメルボルンから遊びに来たというAndrewさんも一緒に「Blinkey Beach」へ♪

このブリンキービーチは島の西側、空港の反対側にありサーフィンのビーチで有名だとか、マットさんはサーフィンをして我々は波乗り。この波乗りは面白かった!波の吸引力は凄い!日本で買ってきた大事な水中メガネはあっという間に波に浚われてしまった!

夕食は「アールズアンカレッジ」と同じANDERSON RDのイタリアン・レストラン「PANDANUS」。日焼けした身体によく沁みる。。。白ワイン♪料理もピザ、スパゲティ、アスパラ、グリーン・サラダ。☆3ッツ!

次ページへつづく・・・ 

<<<< 前ページ 1_ 2_ 3_ 4_ 次ページ >>>>

<< 前へ 一覧 次へ >>

 
 

(C) 2003-2008 Asako in Sydney All Rights Reserved. Studio SPEC Pty.Ltd