リタイア後の55歳からあこがれの「海外ひとり暮らし」を強い意志と実行力で実現した永田朝子のホームページ
 
 
HOME >> ESSAY INDEX >> LORD HOWE 4/4
 
<< 前へ 一覧 次へ >>

世界遺産・南太平洋の宝石♪「LORD HOWE ISLAND」(2005年12月31日〜2006年1月5日)

 
<<<< 前ページ 1_ 2_ 3_ 4_ 次ページ >>>>
 
★1月4日 楽しみにしていた「ボールズ・ピラミッド」は毎日ピラミッド、ピラミッドとお伺を立てていたが、波が高くて結局船が出ず残念ながら行けなかった。残念!ということで、やはりもう一度魚に餌付けをしたくてマットさん&アンドリューさんも一緒に私達は再び「NEDS BEACH」へ。。。。

帰り道、傍の小路を通り抜けるとMALABAR山(209m)が目の前に広がる。案内してもらいながら少し登るとそこは一面にシロアジサシ(Sooty Tern)のコロニー。白に頭と羽が黒の鳥。思わず昨年「南極大陸」で見たペンギンのコロニーを思い出しました。。。。

散歩がてら帰る途中、お寿司が売っているというロッジ近くの「FISH'N FILLET」のお店に寄ってみました。。なんとご主人のDavidさんは「ボールズ・ピラミッド」の船のパイロット兼オーナーだったのです。ロッジに泊まっている“日本女性3人”が毎日リクエストしていた、という事を知っていて「ピラミッドに行けなくて残念でした。ごめんなさい」と。

そして日本から取材班が来て、日本のTVで2005年1月に放映された<旅サラダ >のDVDを貸してくださった。そこには素晴らしい大自然のロード・ハウ島が案内されており、勿論、船から見た世界で一番背の高い岩・ボールズピラミッドが映っていたのでした。「にぎり」の作り方を教えて欲しいと言われて、次回訪問の約束?をしTRERLLY(シマアジ)の刺身を作ってもらい早速ロッジでビールと共に戴きました。TVの“ピラミッド”を見ながら。。。


イタリアン・レストランにて

島最後の夕食は、再度気に入ったイタリアン・レストラン「PANDANUS」。マットさん&アンドリューさん、お世話になりました。ありがとう♪ みんなで「乾杯!」「Toast!」

 

 

 


ロード・ハウ島のみしか生息しない「ウッドヘン」

★1月5日 午後のAirでこの“魅惑の島”ともお別れ。郵便局前の「Humpty Micks」というコーヒー・ショップ。この店の裏庭で世界中で唯一、この島でしか生息しないという「ウッドヘン」も見る事が出来ました。大変貴重な鳥だそうです。

最後のランチを食べ、マットさんがピック・アップしてくれるのを待つ。たくさんの「本」を抱えてしばらく過ごしてみたい♪、この大自然の隠れ家で散歩したり。。。時々目前の美しい海の中へ身を任したり。。。。思い巡らしながら♪カプチーノを飲むひと時でした。

満喫した素晴らしい大自然の島での陸・空・海・珊瑚の世界で、トロピカルな魚と一緒に泳いだり〜散歩やハイキング等の6日間♪を過ごし、夕方には娘たちと共に生活地・シドニーに戻ってきました。

早速「朝子の部屋」はトロピカル♪な植木や花に模様替え。
しばらく気分は「ロード・ハウ島〜♪」\(^o^)/

<<<< 前ページ 1_ 2_ 3_ 4_ 次ページ >>>>

<< 前へ 一覧 次へ >>

 
 

(C) 2003-2008 Asako in Sydney All Rights Reserved. Studio SPEC Pty.Ltd